高血圧の予防してますか?もしこんな症状があったなら危険信号が灯っています

高血圧予防が気になる方に質問です。あなたは最近、頭痛頭重感めまい耳鳴りなど、気になったことはありませんか?

 

はいと答えたあなたは要チェック

高血圧の予防改善効果があるサプリ

高血圧予防のDHA・EPAサプリの詳細はこちら

今ならお試しキャンペーン1ヶ月分が67%オフの1,980円

 

高血圧の予防を考えるとき、それは自覚症状が無い今なのかもしれません

高血圧の予防が気になりだしたら

高血圧の予防や改善は、何かおかしいと自覚症状が出てからでは遅いのです。体調の変化頭痛頭が思いと感じたり、めまい耳鳴りなど、疲れなのかなと思わせるような些細な事が、実は高血圧の初期症状ということがあります。

 

これらの初期症状を単なる疲れや年齢のせいだと捉えてしまい、高血圧が原因だと思わずに放置してしまうと、後から後悔することになってしまいます。高血圧は本人の自覚症状が少なく、症状が悪化するか、心筋梗塞や脳梗塞が起きてから、高血圧だったと気づく場合も多いのです。

 

高血圧の予防を考えずに、暴飲暴食塩分の多い食事を続けたり、更にはお酒ストレス運動不足などが長期間にわたって続くと、高血圧がどんどん進行していきます。

 

私の両親も、塩分の多い食事を好み、運動不足の生活を送り続けた結果、健康診断で発覚したのが、特に原因がはっきりしない「本態性高血圧」という診断結果でした。ただ年齢を重ねてから、高血圧の予防をしてくださいと言われても、慣れ親しんだ食生活の改善(塩分を薄味に抑えたり身体に良い栄養素を多く摂ること)や、身体を動かすことに慣れていないのに、いきなり運動を始めることは、非常に苦しいことになり、当初は過度なストレスを抱えていました。

 

このストレスもまた、高血圧を悪化させる要因になってしまうという悪循環でした。

 

高血圧の予防をせずに、そのまま放置しておくと大変なことに

高血圧の予防や改善をしないまま、体調の変化をそのまま放置しておくと、重篤な病気や、最悪の場合には突然死という結果を招くことになります。

 

高血圧は別名「サイレントキラー(静寂の殺し屋)」と言われていて、なんとなく体調が悪いと思いながらも、病院に通うまでのことではないように、本人の自覚症状が無いまま、突然死のリスクをどんどん上げていく、恐ろしい病気なのです。

 

ただ高血圧が死因となることは少なく、突然死などの場合も別の病名で説明されるため、高血圧であることを軽視する人は多いと思います。

 

高血圧の予防は早めに!高血圧の恐ろしさを知りましょう

高血圧は恐ろしい病気

高血圧は非常に恐ろしい病気で、脂質異常症(高コレステロール血症)喫煙、そして糖尿病と共に、心臓病の4大危険因子になると言うことを理解しておいてください。

 

心臓病の危険因子にも関わらず、高血圧は自覚症状が少ないため、高血圧の予防をせずに放置しておくと、頭痛やめまい、耳鳴りだけでなく、動悸、息切れ、胸の痛み、呼吸困難、むくみ、手足のしびれ、足の痛み、むくみ、夜間尿などの症状へ進行していきます。

 

更には、働き盛りの中高年に多い「突然死」と呼ばれる心筋梗塞脳梗塞を発症することになる病気です。

 

昨日まで普通の生活を送っていたあなたや身近な人が、突然死んでしまうことが、残された家族にとって、どれだけ辛いことなのか考えてください。

 

高血圧の予防をせずに、あなたやあなたの身近な人が心筋梗塞や脳梗塞などで突然死したり、一生寝たきりの状態になってからでは取り返しがつかないのです。

 

高血圧の予防なんて私はまだ若いから大丈夫よ、と思っているあなたにもご忠告します。

 

近年、食生活の乱れによって、昔は成人病と言われていた病気が生活習慣病になったことはご存知だと思います。

 

生活習慣病とは、一般的に高血圧脂質異常症糖尿病肥満などの病気を同じカテゴリにして言われる病気ですが、そもそも以前は成人(中高年の大人)がなる病気でした。

 

しかし今では、食生活の欧米化ライフスタイルの変化によって、高血圧・脂質異常症・糖尿病・肥満などの病気が、小学生や中学生も発症する病気になってきています。これが成人病が生活習慣病と言われだした結果です。

 

高血圧の予防は、現代人にとって重要なことです。中高年になってからではなく、若いうちから早い時期に高血圧の予防の習慣をつけることがスタンダードになってきています。

 

高血圧の予防は具体的にどうすればいいのか

高血圧の予防の重要性はお伝えしてきましたが、では具体的にどうすれば効果的な「高血圧の予防や改善」につながることが出来るのでしょうか。

 

高血圧の原因は、不特定多数の要因が重なり、はっきりしていませんが、一般的には2つの種類があります。

 

ひとつ目は、原因がはっきりしている二次性高血圧と呼ばれるもので、腎臓病やホルモン異常など、高血圧になる原因が特定の病気に基づいてはっきりしているものを言います。二次性高血圧の場合、腎臓病やホルモン異常などの病気が治ることによって、高血圧も改善されます。

 

ふたつ目は、一次性高血圧(本態性高血圧)は、両親から受け継ぐ遺伝因子と環境因子(塩分の摂り過ぎ、アルコールの摂取、肥満、ストレスなど)がはっきりしない原因となっておきる高血圧のことを言います。病院の診断で高血圧と言われる場合にも、まず二次性高血圧かどうかを調べ、高血圧が二次性高血圧では無い場合、原因がはっきりしない場合に一次性高血圧(本態性高血圧)と診断されます。日本人の高血圧の80%~90%は、この一次性高血圧(本態性高血圧)であると診断されていて、塩分の少ない食事、適度な運動によって血流を改善することが薦められます。

 

高血圧の予防は血液をサラサラに

高血圧の予防として一番意識しなければならないことが、血流を改善して、血液が血管の中を負荷なく循環させる(血圧を下げる)ことだと言えます。

 

脂質や塩分の多い食事は、血液をドロドロにしていきますので、まずはあなたの血液をサラサラに変えていくことが重要になります。高血圧の予防に運動を薦められたからと言って、血液がドロドロの状態で、いきなり過度な運動をすると、逆に心筋梗塞や動脈硬化、脳梗塞などの症状を起こす場合もありますので、注意が必要なのです。

 

高血圧の予防や改善のために、まず始めなければいけないことは、血液をサラサラにすること。そのためには、現代の日本人に不足している魚類に多く含まれる栄養素、DHA(ドコサヘキサエン酸)EPA(エイコサペンタエン酸)を摂取することが厚生労働省でも推奨されていることは、ご存知でしょうか。

 

DHA・EPAとは・・・

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、魚油に多く含まれる成分で、日本人は古くから魚類を食べることによって他の国よりも多く摂取していた栄養素。しかし近年、欧米化した食生活や、調理が面倒な魚類を敬遠する過程が増え、摂取量が著しく低下している成分。動脈硬化の改善、中性脂肪の低下、心血管疾患リスク低減などの効果がある必須脂肪酸となり、健康増進効果がある。

EPA(エイコサペンタエン酸)は、DHAと非常に近い存在で、必死脂肪酸とされ、中性脂肪の低下や記憶力の向上などの健康増進効果がある。魚類に多く含まれる必須脂肪酸であるが、DHAとともに現代人の摂取量は著しく低下している。

 

血液をサラサラにするDHA・EPAの摂取が重要

高血圧の予防や改善に効果があるサプリ

高血圧予防のDHA・EPAサプリの詳細はこちら

今ならお試しキャンペーンで1ヶ月分が67%オフの1,980円

 

高血圧の予防や改善に効果あり!血圧改善作用や心血管疾患リスク低減にDHA・EPA

高血圧の予防や改善に効果があるDHA・EPAですが、消費者庁や厚生労働省も認めた成分になりました。

 

高血圧予防の関連報告書

平成24年4月に発表された、消費者庁の「食品の機能性評価モデル事業の結果報告」の中で、DHA・EPAが「血圧改善作用」「心血管疾患リスク低減」に効果があると認めた報告書を発表しています。

 

高血圧の予防や改善だけでなく、DHA・EPAには他にも、「血中中性脂肪低下作用」や「関節リウマチ症状の緩和」、「乳児の成育・行動・視覚発達補助」、「うつ症状の緩和と発生率低下」についても効果が認められたとしています。

 

※図の中にある総合評価A~Cのいずれも、機能性について根拠があることを示しています。

 

結論を言えば、DHA・EPAを摂取することで、高血圧の予防や改善に効果があると実証されているのです。

 

高血圧の予防や改善に必要なDHA・EPAは1日どのくらい摂取するべきなのか

高血圧の予防に必要なDHA・EPA

高血圧の予防改善に効果があるDHA・EPAですが、厚生労働省が推奨する摂取量は、なんと1日1000mgもの量を毎日摂るべきだとしています。

 

しかし、欧米化した現代人の食生活の中では、魚類に多く含まれるDHA・EPAの摂取する量は毎年毎年減少するような傾向にあり、若年層のDHA・EPAの平均摂取量は約200mgで、中高年層においてもDHA・EPAの平均摂取量は約250mgしか摂取できていない状況です。

 

DHA・EPAを多く含む食品として一般的なのが魚類で、DHAはマグロ、ブリ、サバ、サンマ、ウナギの順に多く含まれ、EPAはマイワシ、マグロ、サバ、ブリ、サンマの順に多く含まれます。現代人の食生活では、タンパク質は肉類が中心になっていて、調理に手間がかかったり、独特のニオイが気になる魚類は食卓のおかずとして出ることも少なくなり、古来から魚類を多く食べていた日本人も、今ではDHA・EPAの摂取量は全く足りていないのです。

 

また高血圧の予防や改善に効果があるDHA・EPAにも弱点があります。それは加熱に弱いという点です。DHA・EPAは熱を加えることで約20%以上も消滅してしまう栄養素になりますので、焼き魚を食べたとしても本来のDHA・EPAの摂取量が減少してしまいます。

 

毎日毎食のようにマグロやブリ、サバ、サンマのお刺身を食べ続けることが出来れば良いのですが、魚離れが進んでいる忙しい現代人の食卓では困難と言えるでしょう。

 

だからこそ厚生労働省も、高血圧の予防や改善に効果があるDHA・EPAは、信頼できるサプリメントから毎日摂取することを推奨しているのです。

 

DHA・EPAを最も効率よく摂取できるサプリメントを比較してみると

高血圧の予防や改善に効果があるDHA・EPAですが、毎日食事から摂取する量では足りないことをご説明しました。では足りないDHA・EPAをサプリメントから摂取する場合、DHA・EPAサプリは、どれが最も効率よく摂取できて、なおかつ配合成分量や価格のコストパフォーマンスが良いのか。更にはサプリの安全性まで含めて比較してみると、最もオススメのDHA・EPAは、さくらフォレスト株式会社の「きなり」と言う商品でした。

高血圧予防におすすめのきなり

 

DHA・EPAサプリで最もおすすめの「きなり」は、DHA・EPAの含有量はもちろんのこと、血液をサラサラにする成分として有名な「ナットウキナーゼ」も含まれていて、血液サラサラ効果はWパワーで高血圧の予防や改善に役立つサプリメントです。他にもDHA・EPAを守り体内にしっかり吸収させる相乗効果になるアスタキサンチンクリルオイルも含まれています。

 

DHA・EPAサプリの「きなり」を摂取することで「高血圧の予防や改善」の悩みはもちろん、ぽっこりお腹の中性脂肪、関節リュウマチ、乳児の発育や発達、うつ症状の緩和など、いろいろなお悩みを改善することができます。

 

高血圧の予防や改善に効果があるDHA・EPAサプリ「きなり」を試すなら今がお得です

高血圧の予防や改善に効果のあるDHA・EPAサプリ「きなり」は、販売実績でも460,000袋を突破していて、しかも今だけ期間限定のキャンペーンを行っています。通常1袋120粒(約1ヶ月分)が5,695円のところ、初回限定のお試しキャンペーンで送料無料1,980円というお手頃価格で購入できるようになっています。

 

1ヶ月分が1,980円というと、1日あたり約66円になります。1日たった66円で高血圧の予防や改善に効果があるDHA・EPAサプリを毎日摂取できるチャンスは、この機会を逃すと今度はいつになるか分かりません。

 

高血圧が原因で起きる心筋梗塞脳梗塞心臓病などのリスクを減らすのに、1日66円という価格は、個人的にあまりにも安すぎると思います。あなたやあなたの大切な家族の人生を健康で楽しい時間にするためにも、高血圧の予防や改善、そして中性脂肪を減らす効果があるDHA・EPAサプリ「きなり」のお得な期間限定のお試しキャンペーンを活用してみませんか?

 

それでもまだあなたは、高血圧の予防や改善は関係ないと言い、DHA・EPAサプリを試さずに、心筋梗塞や脳梗塞、心臓病になっても良いと思いますか。

 

もしあなたが、自分自身や大切な家族のために、高血圧の予防や改善を考えるのであれば、販売実績460,000袋を突破した最も効果的なDHA・EPAサプリ「きなり」の今だけ、お得なお試しキャンペーン中に、ぜひその効果を試して実感してみてくださいね。

 

あなたやあなたの大切な人と、健康で楽しい時間を長く過ごすために。

 

大切な人生、健康で楽しい時間を長く過ごすなら

高血圧の予防改善に効果があるサプリを

高血圧予防のDHA・EPAサプリの詳細はこちら

今ならお試しキャンペーン1ヶ月分が67%オフ1,980円